profilephoto

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

archives

【小田原】門松とどんど焼き

こんにちは。

ニュートンです。


お正月はどこへお出かけになりましたか?

すこしさかのぼると去年の暮は松竹梅の門松を作りました。

ところで門松って何故飾るかご存知ですか?

本日は意外と知らない門松の意味や由来を紹介します。



正月飾りは3種類、「門松」、「しめ飾り」、「鏡餅」があります。

正月飾りの中で特に重要とされているのは門松です。

門松はお正月に歳神様をそれぞれの家に訪れるための依代といわれてます。

歳神様はお正月に訪れる健康や商売がうまくいくことを約束する神様です。


門松の歴史は平安時代から松を家に持ち帰る習慣が広まり室町時代には現在の玄関に飾るスタイルに確立しました。



門松を飾ってから取り外す期間を松の内と言い、12月13日から1月7日までを指します。

クリスマスがあるので12月28日から飾るのが世間一般だそうです。

期間内には飾ってはいけない日もあります。

12月29日…29日、「二重苦」とゴロになる事と9は昔から「苦」となるため飾るのを避けるべきです。

12月31日…31日は一夜飾り、一日飾りとなるためふさわしくありません。



取り外した正月飾りは地域のどんど焼きで燃やします。
その火で焼いたお団子を食べると無病息災で暮らせると言われています。
書初めなど習字紙も燃やしますが灰が高いとこに行けばいくほど書の腕前が上がると言われています。

フォレストアドベンチャー周辺では1月14日いこいの森にてどんど焼きを開催します。
10時〜14時まで開催しています。 イベントスペースでは団子、焼き芋、じゃがバター、焼きりんごの販売を行っています。
甘酒の無料配布も行います。 自由参加となっていますのでフォレストアドベンチャーとセットでお楽しみ下さい。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック